資格取得を機に自分自身を見つめ直してみよう!

この記事をシェアする
B!

これからの時代に欠かせない資格

これからの需要が見込めるジャンルのもの

メンタルヘルス・マネジメント検定試験
心の健康管理に関する試験で、今後このような知識は中間管理職以上では必須になるでしょう。
認定プロコーチ資格
メンタルヘルス・マネジメントが心の守りであれば、こちらは攻めでしょうか。コーチングです。
心のケアが必要な時代ととらえることもできますが、根本は心であるという事に目覚め始めたともいえるかもしれません。
今後はキャリアを積むごとに、心に関する知識は明らかに重要になってくることでしょう。

登録販売者
この資格の需要は急上昇中です。一般用医薬品を取り扱える資格です。
この資格で扱える一般用医薬品は9割以上といわれています。今現在でドラックストアは伸びている業種ですし、さらに扱える店舗が増える可能性も考えられます。

キャリアアップの可能性が広がるもの

マイナンバー実務検定
個人情報の保護、取り扱いに関する検定試験で、このような資格は、トレンドというより今後ますます重要性が高まる資格と思われます。
三段階に等級がわかれており、今後は取り扱い部署、管理職には二級以上を持っていることが望ましいという時代がくるのではないでしょうか。
社会保険労務士
主に社会保険に関連する書類の作成や手続きなどを行うものですから、このような知識を持っていることはこれからの時代には欠かせないものです。

個人情報の取り扱いや労働環境に関する問題は、今後の企業の生き残りには大きな影響を与えることといえましょう。
これらの仕事内容は労働者を守るためのものですが、経営者側に立って活用することこそが真価を発揮するものであり、そのような発想に立つことが、そのままキャリアアップにつながるものと考えられます。